面接において退職理由をどのように伝えたらいいのか

こんにちは。キャリアコンサルタント、キャリアメンターの坂本です。本日は面接においての退職理由を事例を求めて分かりやすくまとめさせて頂きました。退職理由をどのように伝えたら良いのか?悩ましい部分もあります。正直に何でも話が出来る1つの方法になるんでしょうね。

そして、単純に後悔をするのではなく内定承諾前に質問を駆使しつつ対応できるように成長をしていると色々と展開も楽になってくると考えます。

今まで転職経験がある人であれば、面接を何度か経験していると思う。その時に、「退職理由を教えてください。」という質問は王道になる。そして、その次に、「どうしてですか?」「なぜですか?」「その時は、他に方法はありませんでしたか?」というように深く深く質問をされて答えに困ってしまう方もおられると思う。それだけ、退職理由は企業側としては知りたいし、同じことが起こりそうだと感じた瞬間に不採用を決める可能性が高い。

だからこそ、退職理由をどのように伝えるのかは凄く大切になるし、事前準備をしっかりとしていないと対応が出来ない事にもなってしまう。実際には面接には答えは無いんだけど、退職理由と志望動機をリンクさせて御社だから働きたいというイメージを描く事が一つの方法だと私は思っている。つまり、退職理由は少しポジティブに前向きに話をしてその想いや、やりたい事を実現する為に御社で働きたいという流れを創るという事。嫌われる内容は企業の悪口や批判内容だ。面接官はその内容を聞きながら、うんざりしている可能性もあるからね。面接で相手が知りたい事をしっかりと自分の言葉で伝える事が重要だと思うよ。

簡単なようで簡単ではない。自分を見つめなおす事が必要だし、企業の情報をしっかりと理解する為に企業理解をしなければならない。自分と企業を見つめている中で一つの道筋が見えてくる。これは、誰のものでも無くあなたのキャリアイメージだ。入社への意欲や想いはイメージが出来ないと弱くなる。だからこそ、この段階でしっかりとイメージを明確にする努力をして面接に臨むことが大切。そして、面接で自信を持って退職理由を伝え志望動機を伝え、自己PRや活かせる経験などを話していく。その中で、企業側にも想いや活躍のイメージが描けるようになり何とも言えない良い空気感になる事にも繋がる。是非、転職活動をスタートした時には自分で自信を持って語れる「退職理由」を明確にして進んでいけると良いなと思うよ。本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です