【ITエンジニアになる為に勉強をしている方】プログラミングを学び専門職を目指す理由は?

こんにちは。坂本です。

安心や安定は誰でも持っているキーワードなんですが、仕事をしていると不安が無くならないって相談は本当に多いです。特に専門職を目指したい。手に職を付けて一生安心して働きたいという想いは誰もがあるのではと感じております。

あなたも何か勉強をしているとすれば将来の安心や安定を手にしたいと思っているのではないでしょうか?

私自身、3回の転職経験と起業経験。そして月に20人以上のご相談から年間240人以上の悩みをお聞きする中で、専門職に就きたい。例えばITエンジニアになりたいという声も多いので、そんなあなたに向けて今回はブログを書かせて頂きました。

ITエンジニアを目指す事のメリットとデメリットや現実を今回お伝えさせて頂きます。

ITエンジニアになる為に勉強をしている方

ITエンジニアになる事は簡単には出来るのでしょうか?これはITエンジニアを深く理解せずに安易に考えている方が多いので注意が必要です。

それは、ITエンジニアという名前から開発に関われる事が未経験でも簡単に出来るのでは?という考えをお持ちの方が多いからです。

例えば・・・アプリの開発をやりたい。ホームページを作る仕事がしたい。

このようなイメージが多く人気がある仕事もこのような仕事内容になります。ただし、転職市場を見渡してみても未経験でアプリ開発やホームページのデザインを任せる企業はほとんど存在しません。

しかし、独学で勉強をしながらも何とか必死にスキルを磨いている方が多いのも実情です。

なぜ?未経験者が簡単に仕事に就けないのか?

それは、中途のあなたからの応募が無くても新卒が存在しているから人は採用できる可能性が高いからです。

これは専門学校の存在が大きいですね。全国にIT系の専門学校は沢山あり、ネットで調べて頂くと簡単に情報が入ってくるのですがIT系に興味がある学生さんは2年生、3年生、4年生などのコースを選択して高校を卒業をした後の通った方であれば20歳、21歳、22歳くらいで社会に出てくることになるのです。

その為、実務経験とは言いませんが専門学校でみっちりと学んできた学生とあなたが同じ席を争うようになったとして企業はどちらを採用するでしょうか?

この現実をまずは知っておく事で自分の立ち位置というものが客観的に理解が出来てどうするのか?という流れに変わってくると考えます。

ちなみに専門学校では以下のような職種を目指して勉強をしている流れです。

◆システムやネットワーク分野

プロジェクトマネージャー・システムエンジニア・システム/アプリ開発プログラマ・データベースエンジニア・ネットワーク/セキュリティエンジニア・組み込み制御エンジニア

 

◆Webデザイン分野

Webデザイナー・UIデザイナー・UXデザイナー・Webディレクター・マークアップエンジニア・フロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニア

現実はどうなるのか?これからどうすればいいのか?

IT業界を目指すならどんな道があるかを知る事が大切です。

未経験で勉強をしていない方が採用される領域は決まっているからこそ、その現実を知る事で行動が変わります。

未経験でも採用されるポジションは「インフラエンジニア」になります。

インフラエンジニアとは、誰もが使っているインターネットを繋いでいる「ネットワーク」や情報を管理する「サーバー」といった、ITサービスが成り立つ上での必ず必要な基盤を扱うポジションです。

これは開発というイメージとは無縁です。どちらかと言えば運営をしたり管理をしたり会社を支える根幹を担う仕事です。

こういった仕事は企業に採用されて派遣という形でA社、B社、C社などの企業に常駐して業務を行う流れで仕事を覚えていく事になります。

少しキャリアアップをするとネットワークやサーバーの運営だけではなく、最初の段階の設計にもかかわることが出来たりリーダーとして若手のマネジメントを行うポジションにもなります。

このポジションからIT業界に関わりキャリアをつくるという方法も未経験領域であれば一般的に多い流れになります。

ITエンジニアとして開発関連をやりたいと思ったら?

今のままではダメだという事になります。専門学校から学んだ学生が毎年出てくるからこそ、何かしらあなたも社会人経験という武器以外に勉強して身に付ける事も必要です。

それは、企業としても何もしていない人は採用できないけど、何かしら努力をしている人は未経験だけど社会人経験と融合すれば戦力として活躍できると思うからです。

働きながらスクールに通うという方法が1つ存在しております。

例えば専門学校に通うとすればリスクがあります。仕事を辞めて一から学ぶとなると就職活動をする時に年齢が高い事がネックになるからです。

だからこそ仕事をしながら学べるオンラインスクールを活用すれば、仕事を辞める必要もないですし、学ぶことで本当にITエンジニアになりたいのか?この仕事が専門職として安心や安定に繋がるのか?を自分で試すことが出来ます。

どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができるのでリスクなしで対応できると考えます。

・自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
・受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
・チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
・オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

このようなメリットもついているサービスもあるので、ご興味があれば相談をしてみると良いと思いますよ。退職して動く事は辞めた方が良いので参考にして頂ければと思います。AIプログラミングなどが学べるコースがあるので、今後のキャリアで活かせるかどうかもご覧下さい。

それでは、最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

関連記事:転職をしようと思った時に誰かに相談する事の大切さ
関連記事:悔いの無い転職には転職エージェントとの相性は大切

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です