事務の求人が無い。今の転職市場はどうなっているのか?

こんにちは。坂本です。

正社員の事務を探しているけど見つからない。

事務職にチャレンジしたいけど未経験での採用が無い。

事務職を希望していても応募者が多くて内定が出ない。

転職を考えている中で事務職を希望される方は多いと思います。特に事務職×正社員もしくは契約社員の希望は多く転職活動では求人数と希望者のバランスが大きく崩れていると感じております。

今回のブログでは事務職の採用状況を正しく理解をして頂き、どうしたら良いのか?これからの進む方向性を少しでも掴んでいただけるようになって頂けると嬉しいなと考えます。

私自身が転職支援のプロとして月20人以上、年間では240人以上の方々の相談に乗らせて頂いている経験と情報を融合してあなたに事務職の現在をお伝えさせて頂きます。

事務の求人が無い。

事務職の求人が転職市場において極めて少なく、有効求人倍率という求職者1人に対してどのくらいの求人があるかを示す指標について事務職は0.27倍となります。例えば営業職は1.72倍、介護サービスは3.33倍になるので差は歴然だと考えます。とにかく求人が無い。その現状を理解する事が必要です。

参照情報:https://www.hwiroha.com/syokugyoubetsu_yuukou_kyuujinn_bairitsu.html

なぜ少ないのか?様々な理由がありますが、事務という仕事を自動化をする流れが昨今、活発になってきているので必要性が昔よりは薄れていることが1つあります。また、銀行を含めて事務系の職種の大幅カットも進んでおり時代の流れを感じる部分もありますね。

更には営業、販売、サービス系と違って、退職をする方も少ないので募集人数が市場において多くないという理由も含まれます。

未経験から事務職にチャレンジできるのか?

実際には、未経験者の事務職への転職は困難を極めている状況です。

理由は経験者の方も多く事務職を希望されている事と未経験者を求めている企業が少ないという事。更には上述したように事務職の募集が少ないという理由が絡んできます。

現実的に、事務職の募集は出ておりますが転職エージェント側には事務経験者の依頼が多いという実態があります。更に求人広告もありますが、実際は未経験可能という募集に応募したとしても経験者との比較検討が入ってくる為、採用される可能性が低くなってきます。

実際に、採用される可能性はあるのか?

可能性はゼロではありません。その理由は、採用自体はゼロではないからです。

経験者であれば過去の経験を活かして勝負をすればいいので、履歴書、職務経歴書をしっかりと仕上げて書類選考通過率を上げる事に努力すればいいです。そして面接の練習も真剣に行い対策を徹底する事。やるべきことをやることで内定を狙うというイメージです。

未経験者であれば営業職や販売職での経験があると融合する事で強みに繋がる事があります。実際にパソコンの資格があるから事務職に就けるという事ではなりません。資格よりも実務面が評価されるのが現実ですので、事務が未経験なら事務経験者に勝てる部分を磨くという事が1つの突破口となります。

お客様との対応力、個人、法人との折衝経験。事務だけの方には磨けない経験をしているという事を書類に表現して書類選考突破を狙う方法も1つだと考えます。

求人状況をリサーチして現実を見てみよう

転職エージェントに登録される方も多いと思いますが、簡単に女性の求人が多い「とらばーゆ」で事務職をクリックして現状の求人状況を見ていかれるとイメージが出来ると思います。その中で、気になる求人があった場合にはエントリーをしてチャンスを広げていきましょう。あなたの転職活動の成功を願っております。

※全国の事務職や販売、営業などがチェックできる求人サイトです。正社員や契約社員の事務職も掲載されているので定期的にチェックをされると良いと思います。
女性専門の求人サイト(事務職をチェックしよう)

参考記事:エンジニアや技術職になりたい方におすすめの未経験職種

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です