「転職口コミサイトの書き込みが悪い内容」その企業は受けて良いのか?

こんにちは。坂本です。

転職活動をしている方によく言われる質問の1つに「ネットで企業の口コミサイト」を見て内容が悪い書き込みも多くて・・・というお話は昔からあります。気持ち的に心配になってネットで情報収集をして行きついたページでそういった事があると不安だと思います。その口コミで悪い事が書かれている企業は受けるべきなのか?悩みますよね。

今回のブログでは「転職口コミサイト」との正しい付き合い方を分かりやすく解説していきます。

私自身が3回の転職活動を経験した事と、日々、転職支援を行い月間20人以上、年間240人以上の対応をさせて頂く現場での実体験を含めて解説をさせて頂きます。

「転職口コミサイトの書き込みが悪い内容」その企業は受けて良いのか?

口コミサイトを見ると良い情報よりも悪い情報に目が行きませんか?

何となく良い情報を探している中で、悪い情報が多くて心配になる事もありますが、結論としましては全て正しい情報かどうかは分からないという事です。つまり、情報は参考にして実態は自分の眼で確かめる事が良い方法だと考えます。

その理由は、記載されている状態は今の状態ではなく、昔のことかもしれません。また、会社を円満退社していない方の不平不満が並べられている事もあります。勿論、正しいなと思える情報もありますが、全て信じる事は良い会社との出会いを逃す事にも繋がります。

そもそも、口コミサイトに書く人はどんな人?

全員ではないですが、会社に恨みを持っている人や理想的な会社ではなく失敗したと感じている方が多いかもしれません。勿論、会社に感謝をしていてリアルな情報を入れる方もおられますが、ネガティブ要素が多い=会社に満足しなかった方とも言えるでしょう。

なぜ?不平不満などを書きたくなるのか。それは、書く事によって会社の価値を下げたいと思う方もおられるかもしれませんし、リアルな実態を知って欲しいという願いを持っている方もおられます。

だからこそ、面接時に気になる部分を確認して安心材料に変えていく事がお勧めになります。転職エージェントを活用されていたら事前にエージェントに質問をしておくと良いですよ。

具体的には、以下のような部分が皆さん気になるところかもしれません。

・残業時間
・休日時間の有無
・賞与の金額
・有給休暇の使用頻度
・昇給や昇格などのキャリアアップ
・年収の具体的な幅
・会社の売上や利益イメージ
・責任者の方の人柄や社長の人柄

色々と事前に考えておいて確認をしてみると良いと思います。ある程度を理解をしておいて大事にしたい部分は面接で空気を見つつ質問をしてみましょうね。

実際の「転職口コミ情報サイト」について

私自身が転職活動を行う時に使用したサイトを参考にご紹介させて頂きます。国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報を掲載され多くの企業の情報が入っているサイトです。まずは王道のサイトを試験的に使用してみて情報の傾向を見てみると面白いと思います。【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

自分が受けたいなと思う企業や気になる企業があった時に、使用すると良いのですがサイトのルールとして閲覧する為の方法があります。ルールとして在籍した企業の口コミを投稿すると、最大90日間企業の口コミが見放題となります。私自身も当時、1社目の企業の口コミを記載をしてサイトを活用してみた流れでした。

実際に大企業と言われる企業でも完璧な口コミではなく、悪い事も書かれています。逆に小さな会社で無名な企業でも良い口コミの企業もあります。大切な事は情報は参考程度にしておく事です。その情報とご自身で実際に面接で収集した情報を融合して入社をする企業をじっくりと選ぶ事が良いと思いますよ。情報に踊らされるのではなく、自ら情報をリアルの面接で掴みに行きましょう。

最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事:転職エージェントの裏事情とは?納得できるエージェントの使い方を伝授
関連記事:【ITエンジニアになる為に勉強をしている方】プログラミングを学び専門職を目指す理由は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です