自由を仕事で得る為には何が必要か?

こんにちは。坂本です。仕事をしていると何かしらの制約や制限もあって自由になる事が難しいかもしれません。結局は親が真実を話さない。

だから、誰でも同じかもしれませんんが、自由って誰もが憧れる事。

仕事をしていても自由が全くない。やらされ仕事でうんざりする事は無いですか?仕事が楽しくない・・・そんな時には不自由さがあるのかもしれないですね。社会人になったばかりは特に学生時代とのギャップがあるので大きく感じてしまうのではないかと推測しています。

今回のブログでは自由を得る為の考え方を1つのヒントとしてご紹介。

私自身、3回の転職の経験、毎月20人以上の相談対応をしている中で考え方の大切さを理解することが出来ました。その考え方をコンパクトにお伝えさせて頂きます。

ポイントは自分の意思を明確にして考え方の軸や行動の軸を決める事が必要になってきます。自由が無いという状態は上からの指示命令だけで動く状況になっている方が多いです。

自分で決めていく。そのスタンスになることが出来ればやらされ感は全く感じなくなってきます。夢を描くことも可能になりますしやりたい事へのチャレンジも出来るかもしれない。

自分の限界を決めるのも自分。もし、今までの自分を好きになれなかったとしたら自分を見つめてもう1度、自分自身と向き合う時間を作ったらいいと思います。

仕事って考え方1つで大きく変わっていくからこそスグに取り入れて今からでも明日からでも成長していっていただければ嬉しいです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事:「転職成功には自己分析」ミスマッチを無くす転職活動を実現

特に仕事で自由を得る事を実現するためには、やるべきことをやる事で周りから信頼を得るという事も大事だと感じています。自由を行使するには「周りが良いよ。」と認める存在になる事が早いです。

つまり、仕事で結果をしっかりと出すことであなたの価値も高くなりやりたい事も更に明確になり応援者も増えてくると感じています。

今まで働いている中で不自由を感じた事が多くあり、その中で自由を得る事を考えると道は拓けてくるのではないでしょうか?簡単ではないかもしれませんが、目指さないと実現はしませんし変化は何も起こりません。

是非、自由を将来的に勝ち取って仕事を受け身ではなくて自ら作り出していく人になっていけたら良いなと思います。変化が激しい時代からこそ、コツコツと取り組んでいけたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です