「転職して後悔したくない」その為に後悔する方の傾向を知る事が大事

こんにちは。坂本です。転職活動を何度もしていると・・・また失敗するんじゃないか・・・次も結果が出ないんじゃないか。そのような不安ってありませんか?

私が日々の転職支援、キャリア支援で感じている事や自分の転職経験や様々な事例を総合して転職をして後悔したくない方へ事前に防げる情報を少しでもお送りできればと思い、ブログを書かせて頂きました。

「転職して後悔したくない」

誰もが思う事だと思います。折角、一生懸命に会社に入って頑張ろうとした時に「失敗した」「選択を間違った」「話が違う」「着いていけそうにない」etcそういった気持ちになったら勿体ないですよね。

出来るだけそうならないようになれたら最高ですし、失敗したと感じた時に手を打てる事も大事な事になります。そういった強さを身に付けつつも転職して後悔しない方法をブログで学んで頂ければ幸いです。

参考動画:転職してスグ辞めたい!失敗したと思った時にやれる事はあるか?

転職をする事とは何か?を理解する事

転職を何回もする方と全くせずに一社で定年まで仕事をする方等、お一人お一人の選択は本当にバラバラだと感じています。実は、転職をしている方が悪くて、していない方が良い。

そういった事を判断する事はできませんが、転職をしたことを後悔しているか?していないか?という事においては結果が違ってくると感じています。

転職をしたことが無い方であれば、今の会社でいるよりも、転職をした方が良かったかも・・・そう感じているのか?感じていないのかでも捉え方が変わってくると思います。

つまり、転職の回数や内容はどうでもよく、言ってしまえば、あなたが転職をどのように捉えて、今の現実をどのように感じて、どうしたいのか?その心の部分が重要です。

転職をして感じる事は人それぞれだからこそ、勿体ない転職はして欲しくないと思いますし、悔いの残る転職をしてしまうと、仕事においての充実度は勿論、仕事に対して本気になれず、成長できなかったり、惰性で毎日を過ごす方も出てくるかもしれません。

そうなる事が時間の無駄だと思いますし、自分の決断に責任を持って仕事に向かう為に、転職での想いをぶらすことが無いように事前に出来る事を全て行い、入社後は仕事に集中して、本当に大切な事に向き合える事を目指していかれると良いのではと考えます。

転職をする理由は何ですか?

転職理由は一人一人違っていますし、理由は一つではありません。私自身も転職を3回しておりますが、全て転職理由は違っております。

結婚をする事で将来を考えたり、会社で頑張ってきた中で評価や上司に不満を抱いてきたり、家庭環境の変化で介護の対応が必要になったりと想いは皆さん色々と持っていると感じております。

会社の進む方向と自分の人生を考えて転職を考える事に繋がっているかもしれません。

・ほかにやりたい仕事がある

・給与に不満がある

・経営者が変わったから

・会社の将来性が不安

・残業が多く体が辛くなったから

・専門知識・技術を習得したい

・土日祝日に休みたい

・正社員として働きたい

・転勤が出来なくなったから

・風通しが悪い

・業界の将来に不安を感じて

転職で後悔する方の傾向を知っておこう

その中で転職で後悔をする傾向=パターンと言っても良い内容を参考にご紹介させて頂きます。「そんな事があるんだ!」と感じて頂くだけでもプラスかなと私は考えます。転職に失敗してやっぱり前の会社に戻りたい・・・そんな事を思う事が無いようにご覧いただければ幸いです。

・入社をする事がゴールになった方

転職をする事が終着点となると転職をしたことで気持ちが切れてしまい、入社後にエンジンがかからないという方もおられます。達成感をどこで感じるのかは内定獲得ではなく、会社に入社をしたところがスタートであり、達成感を感じるのは入社した後になります。転職をしてからが本当にスタートになる事を理解する事は大切です。

・中長期的な視点が無かった方

転職をしたら1年後は、2年後は、3年後はどうなりたいのか?どうなっていたいのか?自分は何をしたいのか?そもそもの考えが無いまま、とりあえず入社をしてしまったという場合は、苦しむ事があるかもしれません。仕事は短期は勿論ですがその先も大事になってきます。

・待遇を最優先にしていた方

お給料は大事な事だと思います。しかし、お金だけという考えで入社をしてしまうとそれ以外の部分で悩んでしまう事があるかもしれません。お給料は良いんだけど、環境が悪いだったり、経営者の考えが合わなかったりとミスマッチが出る事も考えられます。お給料とその他にも2つほど、転職をする際に見たしたい価値観を決めておけばお給料以外でのヤリガイも感じられると思います。

・これぐらいの通勤時間は大丈夫だろうと安易に考えていた方

意外に多い失敗例になります。毎日の事になりますので、1時間が許容範囲なのか?30分なのか?個人個人違ってくると思います。更にはラッシュ時の状況や乗り換えの回数なども毎日の通勤においてストレスにならないかどうかはチェックをしておくと良いと思います。理想は、実際の通勤時間に何回か乗ってみて苦痛ではないのかを実感されると失敗を防ぐことが出来ます。

・友人が働いているから安心して入社した方

人というのは友人や知り合いから「大丈夫だよ!」「安心しておいでよ」という声を掛けられると、普段の転職活動では細かく調べたり質問をしていた内容を聞く事を忘れてしまいます。それだけ、知っている方の話は鵜呑みにしやすいという事です。ポイントは普段の転職活動と同じように調べる事は調べて、質問する事は質問する。この行動で失敗は防ぐことが可能です。

・仕事が嫌になって無責任に退職をした方

逃げの転職と攻めの転職があると思います。労働環境が劣悪で問題企業であれば逃げる事は大賛成です。関わらない方が身のためという事もあると思います。しかし、通常の企業で無責任に仕事を辞めてしまうと、社会人としてのマインドとして次の会社でも通用しない可能性が出てきます。今の会社でも全力で仕事をするからこそ、転職先でも活躍できると考えます。

・最初に内定を得た会社に入社すると決めていた方

単純に自分ルールとして決めている方もおられます。この考え方はご縁とタイミングという事で素晴らしいと思いますが、時に比較検討をするという選択肢を持っておくことでじっくりと吟味して選択をする事が出来る為、納得感も強くなると感じております。嫌な予感がしたけど、最初に内定が出たから入社しました・・・その結果、失敗したという事もあるので、選択肢を広げる事も一つの方法だと感じております。

・入社したら何とかなるだろうと甘く考えていた方

自分の可能性は無限大という言葉は私は大好きです。何とかなるだろうという前向きな気持ちも重要だと思います。ポイントは甘く考えていたという部分です。転職をするという事はある意味、イチから・・・むしろゼロからのスタートをする事になります。楽観的に考える事も必要ですが、厳しい部分も想定をしてしっかりと準備をする事や入社して3ヶ月は必死で働いて順応する事などを覚悟しておくと大きな失敗は防げると感じております。

以上が転職で後悔する方の傾向になります。最後までお読みいただき、ありがとうございました。あなたのよりよい社会人生活を描ける事を願っております。

お悩みの方がいらっしゃいましたら、 お気軽にご相談下さいね。

以下をクリックしてメールで受付しております。※相談内容に「転職相談」と入れて頂ければ幸いです。別途、有料のキャリア相談をご希望の際には「キャリア相談」とご記載をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です